書店・出版社

国内の英語関連書籍を発行している出版社一覧

2020年7月5日

教科書とか辞典とかを出版している=信用できるかな?(しらんけど)ということで、どこの誰が書いたのかわからないものより、こういうところのほうをまず見たほうが良いかなってことでご紹介。今後、海外の出版社を紹介しようと思うのですが、海外って学習者用のコンテンツが別で大量に用意されているところが多いんですが、できれば日本も同じようなコンテンツをサイトで発信していただけるといいなぁ。需要は多いと思うんですけど。

ここで紹介している以外にも英語関係の出版社はあります。全てではありません。

 

教科書関係の出版社

東京書籍株式会社

https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/

https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/chu/eigo/

NEW HORIZON。自分も学生の時も使ってた記憶があります。公式サイト?なんか今っぽいですねー。自分の時はこんなのなってたらPTAがなんか言ってきそう(笑)

 

開隆堂出版株式会社

https://www.kairyudo.co.jp/

https://www.kairyudo.co.jp/contents/02_chu/eigo/r3/index.htm

上同様、今の教科書はこんな感じなんでしょうか。時代を感じますねぇ。

 

株式会社三省堂

https://tb.sanseido-publ.co.jp/

https://tb.sanseido-publ.co.jp/03ncpr/

NEW CROWN。あれ?こっちだったかなぁ学生時代の教科書。ここは辞書も発刊されていますね。

 

教育出版株式会社

https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/

https://www.kyoiku-shuppan.co.jp/r3chuu/eigo/index.html

 

光村図書出版株式会社

https://www.mitsumura-tosho.co.jp/

https://www.mitsumura-tosho.co.jp/2021c_kyokasho/eigo/

 

株式会社新興出版社啓林館

https://www.shinko-keirin.co.jp/

https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/chu/text_2021/english/

 

株式会社大修館書店

https://www.taishukan.co.jp/

https://www.taishukan.co.jp/gcdroom/

ここも辞書を発刊されています。下のリンク先は高校英語のコンテンツです。

 

数研出版株式会社

https://www.chart.co.jp/

https://www.chart.co.jp/goods/kyokasho/30kyokasho/eigo/

 

株式会社文英堂

https://www.bun-eido.co.jp/

https://www.bun-eido.co.jp/products/?menu=5&submenu=128

 

株式会社増進堂

http://teachers.zoshindo.co.jp/

http://teachers.zoshindo.co.jp/textbook/

 

株式会社第一学習社

http://www.daiichi-g.co.jp/

http://www.daiichi-g.co.jp/shuppan/textbook/10.html

 

株式会社桐原書店

https://www.kirihara.co.jp/

https://www.kirihara.co.jp/topics_detail18/id=7533

高校はここだった記憶があります。確かグラマーの教科書だった気がする。

 

三友社出版株式会社

http://sanyusha-shuppan.com/

 

株式会社いいずな書店

https://www.iizuna-shoten.com/

 

英和辞書 和英辞書など辞書を発行している出版社

旺文社

https://www.obunsha.co.jp/

 

学研学研プラス

https://hon.gakken.jp/

 

研究社

http://www.kenkyusha.co.jp/

 

小学館

https://www.shogakukan.co.jp/

 

くもん出版

https://www.kumonshuppan.com/

 

ベネッセコーポレーション

https://www.benesse.co.jp/

 

東京書籍

https://www.tokyo-shoseki.co.jp/

 

その他 参考書、専門書などを発行している出版社

あさ出版

http://www.asa21.com/

 

朝日出版社

https://www.asahipress.com/

 

アスク出版

https://www.ask-books.com/

 

アルク

https://www.alc.co.jp/book/

 

語学春秋社

https://www.goshun.com/

 

語研

https://www.goken-net.co.jp/

 

昇龍堂出版

https://www.shoryudo.co.jp/

 

大学書林

http://www.daigakusyorin.co.jp/

 

DHC

https://www.dhc.co.jp/goods/catop09.jsp

DHCって出版もやっていたんですね、知らなかったです。

 

南雲堂

https://www.nanun-do.co.jp/

 

森北出版

https://www.morikita.co.jp/

 

以上

出版社って多いですね。ここで紹介しているものはそこそこ大きいところだけだと思うんですが……。印刷業は厳しい業界と以前から聞きますが、生き残るために独自性、画期的な事業を考えているところも多いと思いますし、今後を期待しましょう。というか、本当多いな(笑)

 

管理人
教科書関係のサイトには先生用のコンテンツなどもあります。というか、それがメインかな?

 

Phrasal Verbs

2020/10/2

ask for

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask for 意味 ~を求 ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/26

ask after

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask after 意味 ( ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/25

ask over

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask over 意味 家に ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask around

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask around 意味 ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask someone out

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask someone ou ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ian

大阪在住 日本語、英語、フランス語を勉強&留学した経験あり。現在は愛犬とのんびり生活を楽しんでいるふつーのおっさん。何か新しいことをはじめようと思って、昔作ったサイトでブログでも書こうと思ってWPをインスコして始めました。

おすすめ記事

1

今回は代表的な海外のメディアサイトを紹介します。TV局と新聞社がメインです。英語圏以外の英語ニュースサイトや雑誌系はまた別に機会に。 今回紹介しきれていない有名ニュースサイトは、リンク切れ多数起きてい ...

2

目次1 単語や短いフレーズの場合1.1 Siri使えばOK1.2 日本語になっている場合2 ここまでは、前振り。ここからが本題。2.1 Vrew を利用する2.2 Vrew の使い方 単語や短いフレー ...

3

TOPページ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z HELP 目次1 基本的な英単語1.1 留意事項1.2 出典2 Core Voca ...

4

英会話学校や教材の英語は聞き取れるのに、映画とかTVとか聞き取れないなぁという、中級者向けの英語学習サイトとして利用できるサイト。他の記事で既にリンクして使っていますが、改めでご紹介。 映像に残してい ...

5

インターネット上で無料で利用できるオンライン辞書+αをご紹介。最初に+α紹介していますが。 正直単純に意味を調べるだけでよいのであれば、多くの方が普段利用しているグーグルを使えばよいだけではあるんだけ ...

-書店・出版社
-, , , , ,

© 2000 - 2020 English Navi All Rights Reserved