リスニング

TED: Ideas worth spreading

2020年7月1日

TED(Technology Entertainment Design)はプレゼン動画として以前から人気ですね。今はYouTubeでも閲覧できるので見たことがある人も多いかと思います。

TED(テド、英: Technology Entertainment Design)は、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。カナダのバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチ、モントレー)で、毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利団体である。

カンファレンスは、1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。1984年からと、ハイテク系の話題の多いタイプのカンファレンスとしては比較的古くからある一つであり、変遷もあるが、基本的には学術・エンターテインメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なうというスタイルである。

講演者には非常に著名な人物も多く、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル生理学・医学賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典ウィキペディアの共同創設者)といった人物がプレゼンテーションを行なっているが、最重要事項はアイディアであり、一般的には無名な人物も数多く選ばれ、事前のコーチングを受けた上でプレゼンテーションしている。

カンファレンスに出席するためには、審査を受けた上で年会費10,000ドルを支払って、TEDの会員になる必要がある

出典 https://ja.wikipedia.org/

最初に見た動画が自分にとって良かったと感じた人は、それから色々見ると思いますが、最初がうーん、いまいちって感じのものだったらそのまま離れて行っちゃうかなということで、私が実際に見ていて、よかったなぁと思ったものをご紹介。これが合わなかったらすんません。自分で探せるよう他の有名なものへすぐ辿り着けるところも紹介しておきます。

The happy secret to better work

この人の話は非常に面白かった(funnyという意味でもinterestingという意味でも)。実際その後の自分に良い影響を与えてくれた動画。既にかなり有名な動画ですが、まだ見たことない人は是非。本当、見てよかったなと思った数少ない動画のうちの1つ。

英語字幕、日本語字幕などはTEDのサイトから閲覧すると設定可能です。

いろんな分野の色々なプレゼンがあるので、YouTubeで楽しい動画を見るのも良いですが、こういうところで色々見てみるのも、全く知らない分野のことに関する知識が手に入るので、英語学習という目的だけでなく、人生の勉強というか、自己投資のような感じで見てみるのも良いと思います。

本を読むのが良いんですが、興味のない分野というか知らない分野の本は、まず購入までいかないですからね、こういう無料の動画で知ることができるというのが非常にありがたいですね。

The most popular talks of all time

https://www.ted.com/playlists/171/the_most_popular_talks_of_all

紹介している動画も含まれていますが、今までの全部の動画でもっとも人気ある25動画が紹介されています。まずはこの辺りから見るのが良いと思います。

今まですべてのランキングなので、比較的古い動画が上位に来ていますので、最近の動画の人気リストがあるので、そちらも併せてご紹介。

 

Sir Ken Robinson: Do schools kill creativity?

TEDの再生数一番の動画は14年も前のものですが、今見てもやっぱり面白いですね。

日本からすると欧米の教育は~ってどちらかというと肯定的だと思うんですが、日本からみて個性を大切にしている感じがしているのですが、そうではないという感じなだぁと驚きでした。それがこの動画の最初の感想。

6分30秒ぐらいのシェークスピアのくだりは笑いました。長い動画だなぁと言う方はそこだけでも見て欲しいです。

 

関連サイト

 

管理人
サムネは映画のtedです。今回の記事とは全く関係ありません。

 

 

Phrasal Verbs

2020/10/2

ask for

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask for 意味 ~を求 ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/26

ask after

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask after 意味 ( ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/25

ask over

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask over 意味 家に ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask around

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask around 意味 ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask someone out

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask someone ou ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ian

大阪在住 日本語、英語、フランス語を勉強&留学した経験あり。現在は愛犬とのんびり生活を楽しんでいるふつーのおっさん。何か新しいことをはじめようと思って、昔作ったサイトでブログでも書こうと思ってWPをインスコして始めました。

おすすめ記事

1

今回は代表的な海外のメディアサイトを紹介します。TV局と新聞社がメインです。英語圏以外の英語ニュースサイトや雑誌系はまた別に機会に。 今回紹介しきれていない有名ニュースサイトは、リンク切れ多数起きてい ...

2

目次1 単語や短いフレーズの場合1.1 Siri使えばOK1.2 日本語になっている場合2 ここまでは、前振り。ここからが本題。2.1 Vrew を利用する2.2 Vrew の使い方 単語や短いフレー ...

3

TOPページ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z HELP 目次1 基本的な英単語1.1 留意事項1.2 出典2 Core Voca ...

4

英会話学校や教材の英語は聞き取れるのに、映画とかTVとか聞き取れないなぁという、中級者向けの英語学習サイトとして利用できるサイト。他の記事で既にリンクして使っていますが、改めでご紹介。 映像に残してい ...

5

インターネット上で無料で利用できるオンライン辞書+αをご紹介。最初に+α紹介していますが。 正直単純に意味を調べるだけでよいのであれば、多くの方が普段利用しているグーグルを使えばよいだけではあるんだけ ...

-リスニング

© 2000 - 2020 English Navi All Rights Reserved