Tips

【Google検索方法】英語学習にも活用できるグーグル検索のテクニック10選+2

2020年6月28日

Google検索方法のコツってやつですね。

現在はグーグルで検索する人がほとんど(今はツイッター検索も多いようですが)なので、使ったことない人、使い方が全くわからない人はいないと思いますが、うまく検索できないなぁ、どうすればいいんだろ?と疑問を持って調べたことがある人は知っているけど、とりあえずキーワード入れまくればなんとかなるし、ってことで調べたことがない人は知らないことのうち、英語学習にも使えるかな?というものをご紹介。

時間短縮のご参考にどうぞ。

下記はグーグルだけではなく、他の検索エンジンや楽天とかのショップサイトでの検索にも利用できるものもあります。

グーグル検索のテクニック AND検索

普通の検索。多くの人が普通に利用している検索方法。単純にキーワードを複数入れて検索する方法です。質問文で検索する人もいらっしゃるようですが、現時点ではその方法はあまり使えない方法です。ずばり解答がでるものもありますが、全てに対応するのはもう少し先になりそうです。未来はこっち(質問形式検索)のほうが主流になるかもですね。

このAND検索で問題がないことのほうが多いと思うのですが、たまに思った結果が出ないことが起きる場合があります。特に英語の平易な単語の組み合わせとかの場合は、思っている検索結果が出てこない場合が多いと思います。その場合に利用するのが次のテクニック。

 

グーグル検索のテクニック 完全一致検索

AND検索だとキーワードが離れた場所にあるページも検索結果に出てしまうので、「完全に順序も一緒のもの」だけを検索する方法です。やり方は簡単。検索したいキーワードを””(ダブルクォーテーション)で囲んで検索するだけです

ちなみに複数の完全一致のキーワードで検索する場合は、各々””(ダブルクォーテーション)で囲む必要があります。複数あっても1つで良いって書いている人がいたのですが、記事書くような人ですら勘違いしているみたいなので、一応書いておきます。

 

グーグル検索のテクニック ~とは検索

よくわからない言葉を検索する場合、〇〇とは と検索すると、ほぼ解決します。うまく表示されないときは、"〇〇とは"と上の全文一致検索と合わせて利用してみてください。

英語だとmean。"〇〇 mean"と検索すると希望の検索結果が出てくると思います。

 

グーグル検索のテクニック NOT検索

検索結果があまりにも多く、望んでいる結果が表示されない場合、検索キーワードを追加するAND検索ではなく、結果に不要なキーワードがあった場合に-(マイナス)を付けて検索除外にする方法です。これはグーグルより楽天などのショップサイトで利用することが多いかも。

例は実際にはこんなことしないでしょというものになっていますが、結果から邪魔なものをピックアップして-つけて検索するという例ということで。

 

グーグル検索のテクニック ワイルドカード検索

あいまいな言葉、前のほうが思い出せない言葉、後ろの方が思い出せない、真ん中らへん思い出せない、と完全なキーワードが打てない場合に利用します。*(アスタリスク)を利用します。エクセルでは頻繁に使うと思うので名前は知らなくても仕組みはご存知の方も多いかなと思います。

以前と比べて「あいまいな状態で検索しても結果が出ることが多くなっている」ので、使わなくなってきているテクニックになっている感じです。

 

グーグル検索のテクニック OR検索

あまり利用することはないかもしれませんが、普通に検索すると「どちらも含まれている」ページだけの結果になりますが、このやり方だと「どちらかが含まれている」ページの結果となるということです。文字だとややこしいですね。

メモ

OR検索とは、情報を検索する際の条件の指定方法の一つで、複数の条件のうち少なくともいずれか一つを満たすものを検索すること。

 

グーグル検索のテクニック ファイル指定検索

pdf、xlsx、docなど拡張子をfiletype: の後に指定するとそのファイル形式のみ結果に表示されるようになります。

 

グーグル検索のテクニック SNS検索

ソーシャル メディアで検索する単語の前後に「@(ソーシャルメディア名)」を付けます。正直あまり実用性はないかなと思いますが(ツイッターはツイッター検索でいいかなと)、一応実装されているので紹介しておきます。

グーグル検索のテクニック 書籍検索

こちらもあまり利用しないとは思いますが(アマゾンのなか見!検索で良いと思います)、こういうことも出来るようになっている。ということでご紹介。

グーグル検索のテクニック 発音確認検索

How to pronounceの後に単語を入力して検索すると、音声を聞くことができます。

オンライン辞書で良いかなぁという気もしますが、一応こういう機能も付いていますということで。気軽に調べるにはよいかもですね。イギリス英語、アメリカ英語の選択が可能です。

おすすめオンライン辞書16選+α

インターネット上で無料で利用できるオンライン辞書+αをご紹介。最初に+α紹介していますが。 正直単純に意味を調べるだけでよいのであれば、多くの方が普段利用しているグーグルを使えばよいだけではあるんだけ ...

続きを見る

 

グーグル検索のテクニック 【おまけ その1】単位変換検索


lbs 。グラムと勘違いしてエビを大量に買ったら、想像していた値段と全然違ったことがあります。日本人のあるあるだと思います。自分がミスったのはその1回だけですが。

北米はポンド・ヤード法が主流ですね。あとオンス。単位は何年経っても慣れない。自分は一度頭の中でセンチとかリットルに変換して、これぐらいかぁと思っています。

lbsでなんでポンドと読むのか。これ最初不思議でした。どこにもポンドの要素ないよねこれ?調べたら、そういう経緯だったのかとわかったけど、納得はいかないですね。

 

グーグル検索のテクニック 【おまけ その2】カロリー検索

食品 カロリーと検索するとカロリーが表示されます。
例 かつ丼 カロリー
e.g. noodle calorie
一部の食品のみの対応ではありますが、こんなのも検索結果の一番上に出てくるようになってます。後はフツーに利用しているものというと伝票番号かな。結構便利ですよね。

その他

検索した後に表示される画面のツールボタンを押すだけで、言語指定、期間指定、全文一致指定ができるようになっているので、こちらを利用するだけでも時短になると思います。これが一番簡単かな。

スマホの場合は

検索窓の下をスワイプすると右端に検索ツールがありますので、そちらをご利用ください。

 

以上ですー

英検

2020/7/4

実用英語技能検定: EIKEN test

多くの人が一度は受けたことがある資格試験といえば、この英検になるかと思います。私も3級を過去に一回受けたことがあります。いつ取得したのか記憶があいまいなので、履歴書には書けないかな(笑) 英検は内申点のアップ、一部試験の免除などなど、昔、文部省(今の文部科学省)が作ったようなものなので(正確には違いますが)、こういう特典が今でも残っています。 目次1 英検とは?2 優遇措置・免除について3 各級のおおまかなレベル4 試験内容・過去問5 解答速報・合否結果閲覧サービス6 関連サイト 英検とは? 実用英語技能 ...

ReadMore

メールマガジン

2020/7/3

メルマガ

メールマガジン。これ自体は、将来もなくなることもないと思いますが、昔のように無料で誰にでもいくらでも配信ができ、また購読する人も多いといった、発行者と購読者がWIN-WINの関係を簡単に築けるものはサービス終了の傾向にあるようです。メルマも今年遂にサービス終了となってしまいました。今残っている、個人が無料で配信できるところは、「まぐまぐ」ぐらいでしょうか。企業が顧客に発行するメルマガは今も普通に利用されていますが、個人が発行するという形のものは、ほぼ無くなりました。 「まぐまぐ」での英語関連ジャンル(無料 ...

ReadMore

英会話

2020/7/2

大手英会話学校によるお役立ちコンテンツ

英会話学校のサイトには、学校の生徒だけでなく、誰にでも閲覧できる英会話に関するお役立ち情報などを載せているところがあります。特に大手は多いですね。 商売として英会話を教えているわけなので、そういう会社に載っているものがいい加減だったり、間違っていたりすると学校の評価自体下げることとなるので、かなり慎重に作成されていると思います(たんなる推測ですが)。 ということで、そういうものはどんどん利用させてもらいましょう、ということでご紹介。 目次1 Berlitz blog2 English Lab(イングリッシ ...

ReadMore

リスニング

2020/7/1

TED: Ideas worth spreading

TED(Technology Entertainment Design)はプレゼン動画として以前から人気ですね。今はYouTubeでも閲覧できるので見たことがある人も多いかと思います。 TED(テド、英: Technology Entertainment Design)は、アメリカ合衆国のニューヨーク市に本部があるLLC。カナダのバンクーバー(過去には米カリフォルニア州ロングビーチ、モントレー)で、毎年大規模な世界的講演会「TED Conference」(テド・カンファレンス)を開催(主催)している非営利 ...

ReadMore

TOEFL

2020/7/1

TOEFL®とは?

TOEFL® テストは、英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、1964年に米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な英語力を総合的に測定する、世界基準の英語4技能テストです。発音はトウフルです。 TOEFL® は日本事務局のサイトの内容が充実しているので、公式サイトだけみれば解決できると思います。非常にわかりやすくよく出来ています。 TOEF ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ian

大阪在住 日本語、英語、フランス語を勉強&留学した経験あり。現在は愛犬とのんびり生活を楽しんでいるふつーのおっさん。何か新しいことをはじめようと思って、昔作ったサイトでブログでも書こうと思ってWPをインスコして始めました。

おすすめ記事

1

今回は代表的な海外のメディアサイトを紹介します。TV局と新聞社がメインです。英語圏以外の英語ニュースサイトや雑誌系はまた別に機会に。 今回紹介しきれていない有名ニュースサイトは、リンク切れ多数起きてい ...

2

目次1 単語や短いフレーズの場合1.1 Siri使えばOK1.2 日本語になっている場合2 ここまでは、前振り。ここからが本題。2.1 Vrew を利用する2.2 Vrew の使い方 単語や短いフレー ...

3

TOPページ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z HELP 基本的な英単語 ここで紹介する単語は学習者用英英辞典において単語を説明す ...

4

英会話学校や教材の英語は聞き取れるのに、映画とかTVとか聞き取れないなぁという、中級者向けの英語学習サイトとして利用できるサイト。他の記事で既にリンクして使っていますが、改めでご紹介。 映像に残してい ...

5

インターネット上で無料で利用できるオンライン辞書+αをご紹介。最初に+α紹介していますが。 正直単純に意味を調べるだけでよいのであれば、多くの方が普段利用しているグーグルを使えばよいだけではあるんだけ ...

-Tips
-

© 2020 English Navi Powered by AFFINGER5