YouTube

YouGlish -YouTubeで英語学習。教材はムービー中の生英語-

2020年6月18日

英会話学校や教材の英語は聞き取れるのに、映画とかTVとか聞き取れないなぁという、中級者向けの英語学習サイトとして利用できるサイト。他の記事で既にリンクして使っていますが、改めでご紹介。

映像に残しているので、リアルな日常会話というより、プレゼン・スピーチとかそういう場での英語、教材よりかは難しいけど、一般の人の日常会話よりかは聞き取りやすい部類の英語が多くなっています。

YouGlishとは?

「YouGlish」とは、YouTubeの動画の中から特定の単語やフレーズが話されている箇所を、YouTubeの動画の中からピックアップし字幕付きで閲覧できるサイトです。

実際の会話やスピーチの中でどのように発音されているのかを聞くことができるのは非常にありがたいですね。昔はお金出さないとこんなの無理だったので、良い時代になりました。

ココがポイント

実際に使われている単語、フレーズを聞くことができます。

YouGlishの使い方

実際の画面で説明するのが、わかりやすいと思うので、キャプチャ画像を利用して使い方を説明します。

と言っても、使い方は非常にシンプル。検索窓に発音を知りたい単語、またはフレーズを入力して、右側の「Say it!」をクリックするだけです。

オプションとしてアメリカ、イギリス、オーストラリアと地域を選択できるので、今回はUKを選択して「"shoud have done"」と入力して検索してみました。

""ダブルクォーテーションで囲むと完全一致検索となります。

検索してみると、「YouGlish」で検索可能な動画から、”shoud have done”と話している動画とハイライト付のテキストを表示してくれます。

また単語やフレーズを発言している場面だけを見ることが出来るようになっているので、どのような場面で使うのか、どんな感じに使うと良いのかを知ることが出来ます。

動画の下のアイコンは左から

  • 前の動画に戻る
  • 5秒前に戻る
  • リピート再生
  • 一時停止
  • 次の動画へ移動する

を意味しています。

step
1
検索したい単語・フレーズを入力し、英語の種類を選ぶ

step
2
字幕がつき、検索した単語・フレーズはハイライトされているのでそれを確認しながら見る(聞く)

step
3
画面上では、前後の動画にすぐに移動できるようになっているのでそれを活用する

小技

普通に検索しても目的の「フレーズ」が出ない場合は、「””」ダブルクォーテーション、「*」ワイルドカードなどを利用して検索すると、探し出せる可能性が高くなります。

管理人
このshoud have p.p. (過去分詞)って多くのネイティブはshould of p.p. と発音します。シュドゥブって言っているのを「YouGlish」でも多く確認できるかと思います。ネイティブ向けのテストの選択肢問題で should of てのがあるのを見たことある人もいると思いますが、あれネイティブの人は間違って選択する人が多いんですよねぇ。だからあんなものが選択肢に混ざっていることがあるのです。ネイティブのよくある間違いの1つ。日本人は選択しないと思いますが。

まとめ

この単語・フレーズがどのような場面でどのように発音されるのか?を簡単に確認できるサイトが「YouGlish」です。

また、英語だけでなく他言語にも対応しているので、他の言語を勉強している人にも有用なサイトだと思います。

ちなみに、日常会話って場所(人)によっては、何年勉強していても全く聞き取れません(笑) ネイティブでもわからんっていうこともあります。日本でも一緒ですが。

個人的に日常英会話ってのが一番難しいと思っています。日本人(成人)にとってはビジネス(会社)⇒大学(学校)⇒日常 の順で難しいと思います。勉強する前は真逆だと思っていましたが。

 

このサイトに限らず、今は本当便利になっていますね。無料で使えるので是非ご活用ください。

YouGlishはこちら

※ボタンを押すと新しいタブが開いて移動します

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask around

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask around 意味 ...

ReadMore

Phrasal Verbs

2020/9/20

ask someone out

Phrasal Verbs、日本語で言うと「句動詞」。なんだそれ?と思う人のほうが多いと思いますが、簡単に言うと、単語+前置詞 または 単語+副詞 のような組み合わせのもの。例えば get up,look up,take off みたいなものを指します。 このPhrasal Verbsは日常会話において、かなり頻繁に使われるので知っておいて損はありません。ちなみに数はめちゃくちゃ多いです。よく使われるものだけでも、軽く1000は超えると思います。 少しづつ覚えていきましょー。 ask someone ou ...

ReadMore

イディオム

2020/9/13

Make sense

会話中によく使われる、よく耳にする表現(イディオムなど)を紹介していこうと思います。ネイティブスピーカーがこれはよく使うとYoutubeなどの動画やブログ記事で言っている(書いている)ものから、私自身もよく聞いた、よく使ったという言葉のみ厳選して紹介します。 Make sense 意味 意味をなす、道理にかなう、うなずける、筋が通っている、当然である、つじつまが合う- ALC 意味をなす、意味がとれる、道理にかなう、有意義である - Weblio 例文 Your story does not make s ...

ReadMore

単語

2020/9/11

英語になった日本語一覧表 発音リンク有り

英語になった日本語はたくさんありますが、ここでは辞書(ウェブスター辞典)に登録されているものだけをご紹介。日本語と意味が違うものになっているものや、発音が全然違うというものもあります。 発音は発音という列のリンク先、メリアム・ウェブスターのページで確認できるようにしています。 赤丸部分をクリックすると音声を聞くことができますのでご活用ください。 単語 意味 発音 aikido 合気道 ● anime アニメ ● banzai 万歳 ● bento 弁当 bokeh (写真の)ボケ ● bonsai 盆栽 ...

ReadMore

イディオム

2020/9/10

Cutting corners

会話中によく使われる、よく耳にする表現(イディオムなど)を紹介していこうと思います。ネイティブスピーカーがこれはよく使うとYoutubeなどの動画やブログ記事で言っている(書いている)ものから、私自身もよく聞いた、よく使ったという言葉のみ厳選して紹介します。 Cutting corners 意味 手抜き - ALC 手抜き、手抜 - Weblio 例文 We must not cut corners on quality or our image will be ruined. われわれは品質に関して手を ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ian

大阪在住 日本語、英語、フランス語を勉強&留学した経験あり。現在は愛犬とのんびり生活を楽しんでいるふつーのおっさん。何か新しいことをはじめようと思って、昔作ったサイトでブログでも書こうと思ってWPをインスコして始めました。

おすすめ記事

1

今回は代表的な海外のメディアサイトを紹介します。TV局と新聞社がメインです。英語圏以外の英語ニュースサイトや雑誌系はまた別に機会に。 今回紹介しきれていない有名ニュースサイトは、リンク切れ多数起きてい ...

2

目次1 単語や短いフレーズの場合1.1 Siri使えばOK1.2 日本語になっている場合2 ここまでは、前振り。ここからが本題。2.1 Vrew を利用する2.2 Vrew の使い方 単語や短いフレー ...

3

TOPページ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z HELP 目次1 基本的な英単語1.1 留意事項1.2 出典2 Core Voca ...

4

英会話学校や教材の英語は聞き取れるのに、映画とかTVとか聞き取れないなぁという、中級者向けの英語学習サイトとして利用できるサイト。他の記事で既にリンクして使っていますが、改めでご紹介。 映像に残してい ...

5

インターネット上で無料で利用できるオンライン辞書+αをご紹介。最初に+α紹介していますが。 正直単純に意味を調べるだけでよいのであれば、多くの方が普段利用しているグーグルを使えばよいだけではあるんだけ ...

-YouTube
-, , , , ,

© 2000 - 2020 English Navi All Rights Reserved